元気な出る話100総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事開運「金の財布」

父の日に月の土地を贈ろう!




大切な人に月の土地をプレゼント。驚く・喜ぶ顔が楽しみ!    Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

父の日に月の土地を贈ろう!
心に残るオンリーワンギフト



  お父さんにはやっぱり「月の土地」


とんでもなく突拍子もない贈り物を、父の日にあなたはしたことがありますか?私はありません。
ですが、こんな贈り物はかなりのサプライズで驚きと嬉しさでいっぱいでしょう。
この贈り物は、いつか私も誰かに贈りたいです。
さてそれは一体何でしょうか?ぜひ父の日にお父さんに贈ってみてください。
笑っていたり驚いていたりするお父さんも、必ず誰かに自慢したくなるはずです。
それはなんと「月の土地」です。
この月の土地を販売しているのはアメリカ人のデニス・ホープ氏です。
彼は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました
調べた結果、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約 しかないことがわかりました。
この宇宙条約では、国家が月を所有することを禁止しています。
しかし、個人が月を所有してはならないということは言及されていなかったのです。
この盲点を突いて、彼は合法的に月を販売しようと考えたのです。
そして1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭しました。
そして所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。
彼は念のため、月の権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出したのです。
この宣言書に対しての異議申し立て等が無かったのです。
そしてLunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立しました。
その後『月の土地』を販売して、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始したのです。
ここから「月の土地」は、自分用、贈り物としても喜ばれています。
誕生日や結婚、クリスマスやバレンタイン、父の日や母の日といったプレゼントとして大変喜ばれています
というわけで、ぜひこの月の土地を父の日にお父さんに贈ってみてはいかがでしょうか。
お父さんもきっと会社やお酒の席で自慢するのではないでしょうか。
そして子供からプレゼントされたということで、誇りと喜びがいっぱいになるかと思います。


posted by オンリーワンギフト プレゼント 記録の細道 at 06:32 | Comment(0) | 父の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父の日に贈る花



momobgyoko.JPG

父の日に贈る花
心に残るオンリーワンギフト

さて、貴方は母の日にオンリーワンギフトを贈りましたか?
母の日に贈るものといえば「カーネーション」と決まっています。では父の日に贈る花はどんなものが良いでしょうか。
なんとなく男性に花を贈る習慣が弱いからなのか、父の日はほとんどイメージがわきません。
そして男性は花をもらって喜んでくれるのかも気になりますね。
では中高年の素敵なお父様には「バラ」が良いでしょう。
高級感漂うバラは、父の日だけでなく男性にとってもメジャーな存在です。束にしても一輪にしても様になるので人気も高いです。
季節が6月と、春でもなく夏でもなく、しかも梅雨時期なので明るい色のバラが良いですね。
花屋さんでは6月は黄色のバラをよく見かけます。
黄色であればお父さんも照れくさくない色ではないでしょうか。
お父さんに似合う色を選ぶ、というのも楽しくて素敵ですね。
花束でも大変喜ばれるのですが、父の日には他の贈り物とセットで花束なら良いでしょう。
しかし、父の日に贈られるのが花束のみでも嬉しいものですが、中には後に残らず寂しがるお父さんもいます。
そんなお父さんには観葉植物はいかがでしょうか。
花屋さんも父の日が近づくと観葉植物を揃えているお店もありますので、ぜひ覗いてみても良いですね。
今の観葉植物は鉢植えだけではなく、ハイドロカルチャー仕立てのも多く出回っています。
このハイドロカルチャーなら面倒くさがりのお父さんでも育てられるのではないでしょうか。
その他には「蘭の花」も高貴なイメージで良いですね。
しかし育てるのが難しいイメージがありますし、実際難しいですね。
この頑固なイメージが、お父さんの頑固で扱いにくい姿と重なったりする方もいらっしゃるかと思います。
確かに育てるのは難しいですが、見事に咲かせたときの喜びもまたひとしおです。
さてまた切花に戻ってしまいますが、「ひまわり」も素敵ですね。
さんさんと元気な太陽のイメージのひまわりを、お父さんの笑顔と重ねて贈る方も多いです。
毎年ひまわりは父の日の贈り花ランキングの上位に位置しているのは、そんな理由もあるからかもしれませんね。
お父さんにお花を贈るのは抵抗のある方でも、ひまわりなら気軽な感じだしいいか、と思えるような花を父の日に贈りたいですね。



エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


posted by オンリーワンギフト プレゼント 記録の細道 at 17:25 | Comment(0) | オンリーワンギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お見舞いにタブーの花

お見舞いにタブーの花

フラワーギフトはお見舞い用にもよく贈られますが、お花なら何でも贈っていいというわけではありません。
お見舞いには適さないお花があるので、フラワーギフトを選ぶ時には注意が必要です。
ここでは、お見舞いにはタブーのお花をご紹介します。

1.鉢植えを贈らないこと
基本的に、鉢植えはどのようなものでもNGです。
鉢植えにお花が植えてある状態ですので、当然土の中には根っこが付いていますよね。
それが、「根付く=寝付く」の発想につながり、昔からお見舞いには避けられています。

2.白や青、紫系のお花は避けること
これらの色は、どちらかというとお悔やみのイメージです。
病院のお見舞いには、見た目にも縁起のいい色合いではありませんので避けるようにします。

3.赤いお花は避けること
真っ赤なお花はとても華やかですが、血を連想させるそうです。
お見舞いには、淡い色か元気になるオレンジやイエロー系の色が向いているでしょう。

3.香りの強いお花は避けること
病室は公共の場ですので、ユリなどの香りの強いお花は避けるようにします。
他の方の迷惑になるようなお花は選ばないようにしましょう。

4.キクは贈らないこと
キクは、お悔やみ用のお花として一般的に用いられています。
花束やフラワーアレンジメントにも使われる可愛らしい種類もありますが、基本的にはお見舞い用には避けたいお花です。

5.シクラメンは贈らないこと
シクラメンは、「死」「苦」などの不吉な言葉を連想させると言われています。
少々こじつけのような気がしますが、お見舞いには使われていません。

6.椿は贈らないこと
椿はとても華やかですし、お見舞いにはいいのでは?と思うかもしれません。
椿は、咲いた後に花が首からぽろっと落ちてしまいます。
その事から不吉なイメージがあり、お見舞いには避けなければいけません。

7.アジサイは贈らないこと
アジサイは華やかですが、花が終わると色があせていってしまいます。
やはりそこが不吉なイメージなので、お見舞いには使われません。

せっかくのお見舞いですから、贈った相手が気を悪くするようなお花は避けるようにしましょう。

posted by オンリーワンギフト プレゼント 記録の細道 at 08:13 | Comment(0) | オンリーワンギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。